結婚生活中に夫婦が築いた財産を、離婚の際に分けることを財産分与といいます。この財産分与には、大きく分けて3つの種類があります。まず1つは、生産的財産分与といわれるものです。これは、夫婦が築いた共有財産を平等に分けるものです。ただし、独身の頃の貯金であるとか、夫婦のどちらかが親から譲り受けた財産などはこれには含まれません。それ以外に、それぞれの衣服や小物なども、共有財産にはまず含まれません。また、この生産的財産分与は、離婚原因を作ったほうに不利になるということもありませんので、たとえば夫の不倫などが離婚原因を作ってしまった場合でも、夫から分与を請求することができます。

 
それ以外には扶養的財産分与、慰謝料的財産分与があります。前者は、離婚をしたことで、夫婦のどちらかの生活が苦しくなる場合、たとえばどちらかが高齢や病気である場合、夫と別れた専業主婦であるような場合には、その生計を補助するという目的で行われる分与のことです。この場合は一定期間、決まった金額のお金を、定期的に支払う必要があります。それから後者の慰謝料的財産分与ですが、本来慰謝料と財産分与とは別々に支払うものです。しかし両方とも金銭という点では一致するため、財産分与として一緒に払うことが認められたものです。