財産分与というのは、婚姻生活中に、夫婦間で築き上げてきた財産を、離婚の際に、夫婦それぞれの貢献度によって分配することをさします。

 

財産分与には、大きく分けて3つの種類があり、夫婦が婚姻中に形成した財産の精算のことを清算的財産分与、離婚によって、困窮する配偶者の扶養を扶養的財産分与、精神的など、傷つけたことに関して慰謝料としての意味をもつ慰謝料的財産分与があります。

 

中核となるのが、清算的財産分与で、結婚をしている間に形成、維持してきた財産はその名義がどちらにあるにせよ、夫婦の共有財産となります。離婚の際には、貢献度に応じて公平に分配されることが認められています。対象となる財産としては、共有財産と呼ばれる、不動産や家具、家財、預貯金、車、有価証券、保険金解約返戻金、退職金などがあります。独身時代にためた貯金などは含まれません。

 

婚姻中に、夫婦が共に協力をして得た財産が対象となります。別居時に基本的に財産は確定されるため、別居後に取得した財産については、財産分与の対象にはならないことになっています。

 

離婚が成立をしていなくても、対象にはなならない場合が一般的となっていますので、請求を行う際には気をつけると良いでしょう。