財産分与というのをご存知ですか。離婚の時に、結婚生活中に得た夫婦の共有財産を分与することを、このように呼びます。預貯金をはじめとして、不動産や家財道具、有価証券やゴルフ会員権などが主な対象となります。たとえば夫名義で購入した自動車なども、夫婦で使っているのであれば、共有財産とみなされます。こういう、共有でありながらどちらかの名義になっているものは、実質的共有財産ともいいます。

 
分与をどのようにするかは、夫婦の話し合いによって決められます。また分与額は、共働きの場合や、妻が専業主婦の場合などでも違ってきます。一般に共働きは2分の1、専業主婦の場合は全財産の3割から5割程度となります。また、夫婦で自営を行っていた場合は、共働き同様2分の1が目安となります。

 
一方で、共有財産とみなされない財産もあります。たとえばどちらかが独身の時に貯めたお金や、自分の親から相続した不動産や金銭は、特有財産とされますので、離婚の時に分与することはできません。それ以外にも、それぞれの衣服やアクセサリー、小物なども特有財産扱いになります。しかし例外として、夫が親から受け継いだ不動産への固定資産税を、妻が一部肩代わりしたなどという場合は、共有財産として分与されることもあります。