慰謝料的財産分与という言葉をご存知でしょうか。慰謝料という言葉、財産分与という言葉はあるいはご存知かもしれません。前者は特に離婚の際での、精神面でのダメージを補填するためのお金のことをさし、財産分与というのは、離婚の際に夫婦が共有の財産を分けることです。

 
慰謝料的財産分与というのは、この両方の意味合いを持つもので、財産分与の1つの形態とみなされます。本来は別々に支払われるべきものですが、それを一緒に支払ってしまうケースです。よく有名人の離婚などで、かなり高額の慰謝料が報じられることがありますが、多くの場合は、この慰謝料的財産分与です。

 
たとえば夫の不倫などによる離婚で、妻が精神的に傷ついた場合などに、この形が取られることがあります。また、明らかに離婚の責任が大きい方が、小さい方に慰謝料的財産分与を請求することはできません。ですから、離婚の元となった不倫を行った夫が、妻にこれを請求することはできませんし、また妻が専業主婦で無収入であっても、不倫を起こして夫と別れる場合、妻の側からの請求はできません。

 
また、この方法で財産分与を行った場合には、別に慰謝料を請求することは、基本二重請求となるので不可能です。しかし、慰謝料的財産分与を持ってしても、客観的にまだ精神的ダメージが多いと認められるような場合に限り、別途慰謝料の請求は認められます。