離婚をする場合には、財産分与をする必要があります。この財産分与とは、結婚生活中に夫婦が築き上げた財産を、別れるに当たって2人で分け合うものです。基本的に、夫婦共同で築いたもの、また、どちらかの名義になっているにせよ、事実上夫婦で使用しているものが、これに含まれます。ただし、独身の時の貯金や、どちらかが親から譲り受けた財産などは、分与の対象にはなりません。

 
この財産分与には、3つの種類があります。1つは清算的財産分与で、共有の財産を2人で分け合う、本来の形の財産分与といえるものです。もう1つが慰謝料的財産分与です。これは、本来別々に支払われるべき慰謝料と財産分与を一緒に払うものです。またそれ以外に、扶養的財産分与と呼ばれるものがあります。

 
扶養的財産分与とは、離婚することによってどちらかが経済的に苦しくなる場合に、援助を行うという分与方法です。たとえば離婚時にどちらかが病気であるとか、夫と別れた専業主婦の場合などは、経済力が弱いため、離婚後自立が困難なこともあります。それを考慮に入れ、離婚後も生活の面倒を見るという意味の方法で、経済的に強い側、収入のある側が、相手の生計を助けるために、一定期間、決まった額のお金を定期的に支払うことになります。