夫婦が結婚をしている最中に離婚をすることにして、財産を分け合うことになった場合は、普通は話し合いで解決を進めます。それで財産分与の話し合いが決裂したら、財産分与だけを家庭裁判所に調停の申し立てをすることが出来ます。それで財産分与の方法ですが、婚姻中に夫婦が協力し合って作った財産は、夫婦で分けることになっています。

 

 

協議離婚の場合は、話し合いで財産分与をしますから妻に有利な条件で財産分与が出来る場合が有りましたが、調停になれば男女各1名ずつの調停委員が双方から話を聞いて、公平な財産分与を行います。この時名義が夫であれ妻であれ、すべて財産分与の対象になります。分与の対象にならないのは、婚姻前からの財産と婚姻中に贈与や相続で貰った財産だけです。

 

 

そして住宅ローンとかの生活に関係する債務も分割対象になります。だから少しでも財産を多くせしめようと家庭裁判所に申し立てをして、逆効果になる人も居なくもないです。

 

 

協議離婚ならば、話し合いで生活水準に合わせた財産分与が出来たかもしれませんが、家庭裁判所はあくまでも公平ですから、家庭裁判所で話し合いをすると不利になる場合が有ります。だから財産を有利に分けてもらうには、離婚協議中の話し合いで、分与に有利に交渉しなければならないです。