財産分与という言葉を聞いたことがありますか。結婚生活中に築いた夫婦の財産を、離婚に当たって分けることをこういいます。預貯金のみならず家財道具、または年金や不動産、ゴルフ会員権などもその対象になります。また結婚生活中に、たとえば夫名義で購入した車なども、夫婦共同で使っていれば、やはり対象になります。これを共有財産といいます。その一方で、どちらかが親から受け継いだ財産などは、分与の対象にはなりません。また、それぞれが自分で購入した株券、独身時代の貯金や、それぞれの衣服や小物なども、基本的には分与されることはありません。これは一般に特有財産と呼ばれます。

 
また財産分与には、離婚後夫婦のどちらかが経済的に苦しくなる場合を考慮して、一定期間生活援助のために支給しなければならないケースもあります。これを扶養的財産分与といい、たとえば夫と別れた後の専業主婦などがこれに当たります。支払期限は3年程度となります。それから、離婚といえば慰謝料が付き物ですが、財産分与に慰謝料が含まれることもあります。特に、慰謝料を払う相手の精神面でのダメージが、分与された分によって十分補填されていると考えられる場合は、別途慰謝料を請求することはできません。